鍼灸で妊娠しやすい体作り|妊娠初期独特の症状|赤ちゃんからのサイン

妊娠初期独特の症状|赤ちゃんからのサイン

看護婦
このエントリーをはてなブックマークに追加

鍼灸で妊娠しやすい体作り

おなか

治療を受ける際の注意点

鍼灸院は、鍼やお灸を使って身体の不調を改善していくところです。東洋医学の基礎に沿って行われる鍼灸は、近年では世界的にもその効果が認められつつあります。その鍼灸院で行われる治療は、不妊にも効果があると言われています。不妊はさまざまな原因が妊娠を妨げてしまうため、身体の基礎を見直すことも求められます。それに適しているのが鍼灸となり、不妊に悩む人には鍼灸院に通っている人も少なくないのです。こうした鍼灸院で治療を受ける場合、まず不妊治療をメインで受けている病院に了解を得ておくことが大切です。状態によっては勧められない場合もあるので、治療の最中に自己判断してしまうのはよくありません。そして、鍼灸院に対しても具体的な不妊理由や、治療の段階を説明しておく必要があります。安全かつ効率性も重視しながら、効果を実感していくようにしましょう。

鍼灸で得られる効果

鍼灸で得られる不妊の効果とは、血行や自律神経、乱れたホルモンバランスの改善です。これによって身体が温まり、子宮や卵巣の働きが活発になると予想されます。また、リラックス効果も生まれるので、妊娠しやすい体が目指せるのです。冷えや何らかのストレスを受け続けていると、血行が悪くなり自律神経やホルモンバランスが乱れてしまいます。こういった不安定な状態では、妊娠も難しくなります。鍼灸院では患者の不調をまず認識し、それに合った治療を行うようにしています。だいたい週1回ぐらいのペースで、半年から1年を目処に通うのが一般的です。病院の治療と併用して通うわけですから、無理のないように続けなければいけません。なるべく不妊に理解のある鍼灸院を選ぶようにし、焦らずマイペースな気持ちで受けていくのが大切です。