二人の子どものために|妊娠初期独特の症状|赤ちゃんからのサイン

妊娠初期独特の症状|赤ちゃんからのサイン

看護婦
このエントリーをはてなブックマークに追加

二人の子どものために

男性と女性

妊娠を望むカップルが1年以上妊娠の兆候がないとき、不妊状態であるとされます。不妊治療は、まず原因を見つけることから始めます。男性側に原因がある場合は男性側に治療を、女性側に原因がある場合は女性側に治療を行います。きちんと精子や卵子を作れるように体を整えていきますが、それが上手くいかないときもあります。卵子が上手く作れないようなら、薬を用いて卵子を作れるようにします。精子が数多く作ることができないのなら、女性の子宮に直接精子を届けます。それでも妊娠ができないときは、卵子を取り出して精子を体外で受精させます。その受精卵を子宮に戻すことで、妊娠状態にします。自然な妊娠に比べて、人工授精さらに体外受精は女性側に大きな負担がかかるので、それをふまえて自分たちに合った方法を見つけることが大切です。

不妊治療は、行えば必ず出産できるというものでもありません。上手く受精卵が作られても、流産する可能性もあります。不妊治療は長くかかるほど費用がかさんでいきますし、「不成功」というショックとも付き合わなくてはいけないです。なので、信頼できる医師とともに不妊治療に向き合うことが大切です。大阪には、数多くのクリニックがあります。全国に知られているような有名な病院もあれば、医師1人でやっているクリニックもあります。可能な限り自然妊娠ができるように努力する病院もあれば、確実な体外受精に力を入れているクリニックもあります。大阪府ではやはり大阪市内にクリニックが集中していますが、大阪市外にも数多くあります。駅の近くならば通いやすいですし、土日でも開いているところならば働いていても通いやすいです。