妊娠初期独特の症状|赤ちゃんからのサイン

医者たち
このエントリーをはてなブックマークに追加

鍼灸で妊娠しやすい体作り

おなか

不妊に悩んでいる人の中には、鍼灸院で治療を受けている人も少なくありません。鍼灸は鍼やお灸を使った治療法となり、世界的にもその効果が認められてきています。身体の不調を整える作用から、血行や自律神経、ホルモンのバランスを整える効果があるとされています。

Read More

二人の子どものために

男性と女性

不妊治療は、まず妊娠しやすい体環境を作ることから始まります。排卵しやすくなる薬もありますし、人工授精や体外受精も不妊治療の1つです。大阪には数多くのクリニックがありますが、土日でも開いているところは働きながらでも通いやすいです。

Read More

妊娠で気を付ける事

妊婦

妊娠症状をチェック

妊娠初期とは、妊娠2ヶ月から4ヵ月または妊娠4週目から15週目の頃をいいます。初期なのでお腹は目立ちませんが、母体には変化が現れます。まず、妊娠すると基礎体温の高温期が続きます。そして、妊娠すると黄体ホルモンが出てちゃんと寝ても眠い状態や、倦怠感が出る人がいます。生理前のように胸が張ってブラジャーがきつく感じたり、乳頭が擦れたり当たると痛いなと感じる敏感な状態になります。また、ホルモンの影響でニキビなどの肌トラブルがおこる事もあります。妊娠初期に多い症状は、朝起きた時に口の中が粘ついたり、唾液が沢山出る、臭いでムカムカするなどがあります。妊娠初期でも少しずつ子宮が大きくなっていて、膀胱の上に子宮がある為トイレが近くなる事もあります。

気を付けて生活しよう

妊娠初期に気を付ける事が沢山あります。妊娠前から妊娠初期に葉酸が不足すると、無脳症や二分髄椎などの先天性異常のリスクが高くなるので積極的に葉酸を取りましょう。しかし、葉酸は日常の食事からだけでは十分な量が取れません。そこで、サプリメントで摂取する事をおすすめします。妊娠初期の日常的な動作は普段と同じで大丈夫ですが、体調不良や出血がある時などはもちろん安静にしていなければなりません。重たい物をもったり、激しい運動、高いヒールを履くなどはやめましょう。また、妊娠中の冷えは流産につながる恐れがあるので冷えはそのままにしておくのは危険です。冷え対策として腹巻きやホッカイロを使ったり、冷たい飲み物や食べ物は控えましょう。

妊活におすすめのサプリ

サプリ

葉酸は妊活中や妊娠中の女性にとって欠かせない栄養素であり、効率良く摂取するためには葉酸サプリが効果的です。葉酸サプリを摂取するときには用法、用量を必ず確認して、適量を守って飲むようにしましょう。過剰摂取は副作用を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

Read More